【夏休み特別企画】江戸川測定会の開催について(満員御礼&追加開催のご案内) ※終了しました

先日よりご案内しています江戸川測定会(7/28,29)は多数のお申し込み

をいただきありがとうございました。

7/28,29の募集は閉め切らして頂きましたが、新たに8/3(金) 13:00より追加

で計測会を開催しますのでご案内します。

 

8/3(金)13:00〜15:30 コミュニティプラザ一之江 集会室第2

 

下記の

【夏休み特別企画】江戸川測定会の開催について

をご確認の上、お申し込みください。

 

※測定結果につきましては、「その他の報告」に掲載しております。

【夏休み特別企画】江戸川測定会の開催について ※終了しました

夏休み特別企画として放射線測定会を東葛西地区、

小岩地区で開催することとなりましたのでご案内致します。

 

●今回の企画意図について

江戸川区が放射線対策に必ずしも積極的ではない中、区民の力でこの状況を打破する為の一助となるよう、このような催しを企画しました。

 

他の区や市町村では市民が食品等の放射線を測定できる場所が運営されていますが、江戸川区にはそのような場所がない為、わずか2日という限られた期間ですが放射線測定場を開設致します。

 

この催しを通じ、食べ物やそれを育んでいる土壌、或は直接お子さんが手を触れる運動場、砂場等の放射線量を測定戴き、江戸川の現状を正しく認識していただけたら幸いです。また、実際に機材を使っていただくことで食品/土壌の放射線測定について理解を深めていただければ幸いです。

 

 

●日時/場所

7/28(土) 15:00〜18:00 東葛西コミュニティ会館集会室第2

7/29(日) 14:00〜18:00 小岩図書館集会室第2

8/3 (金) 検討中、希望者多数の場合実施

 

 

●今回使用する機材について

今回、株式会社 ベクレルセンター様より、Nai(TI)シンチレーションカウンターを用いた放射能ベクレルモニター LB200を1台お借りしました。これは食品や土壌の放射線量を簡易に計測する為の機材で、測定結果を総ガンマ線量(Bq/L)で表示します。

(核種判別が出来ません。セシウム以外でガンマ線を放出する放射性物質(カリウム、他)も含めた合算での表示となります。また、検出限界20B/Lとなっており、限界近くでは測定結果が大きく誤差が出る事があります。)

 

測定時間は1回10分から20分程度です。

 

その他、詳細は下記をご覧下さい。

 http://www.berthold-jp.com/products/isotope/pdf/lb200_web.pdf

 

 

●測定対象とする検体と準備方法について

測定対象とする検体については、食品、飲み物、土壌、自然界に存在する水(海水含む)を想定しています。

必要な容量は500cc程度です。(糞尿等衛生上問題のあるものについてはお断りします。)

尚、今回御持ち戴いた検体は測定終了後、お持ち帰りください。

 

検体の持ち込み方法についてはベクレルセンター様のHPをご覧下さい。

 http://bq-center.com/bqmil/guide.html#a_sample

 

<参考>また、食品中には元々カリウム40により放射能が含まれている

こともご理解ください。

http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/09/09010404/03.gif

 

 

●参加申込について

機材が1台であり測定と前後の段取りに30分程度必要であるため、30分区切りで測定時間帯を指定した予約制を取りたいと考えます。お名前、当日の連絡先(携帯メール、twitter等)、検体数と検体の内容、希望する日にちと時間帯(第1希望、第2希望)を添えて、下記メールアドレスまでご連絡ください。折り返しご連絡します。

御希望者の時間帯が重なる場合、御希望者多数の場合は調整させていただきます。

 

申込先(本件幹事) tothebluesea1 アットマーク gmail.com 締め切り(7/15:日曜日)

 

【メールの例】

タイトル[江戸川測定会参加希望]

本文「お名前 :江戸川太郎(えどがわたろう)

ご連絡先:edogawa@gmail.com

検体数 :1個(粉ミルク)

希望日時、時間帯: 第1希望:7/29(日) 15:00〜15:30、第2希望 7/28(土) 16:00〜16:30

 

 

●その他

測定結果について、差し障りの無い範囲で江戸川こども守る会HP、twitterで公開させていただきます。

 

見学のみも歓迎します。

 

今回の費用をまかなうため、カンパをお願い致します。

 

【終了いたしました

★☆ 給食やウィンタースクール、子どもが集う場所の対策など、
   区に何を求めていくか、みなさんで話し合いませんか? ☆★
   ~1/29(日) 9:30~、コミュニティプラザ一之江で開催~

 

震災から10ヶ月が経ちました。

原発事故が発生した当初から子どもたちへの影響が懸念され、
当会においてもさまざまな活動を行ってきました。

しなしながら、残念なことに江戸川区の放射能汚染対策は一向に進展していない状況です。

このような中で、現在、江戸川こども守る会が主に取り組んでいるのは、以下の3点です。
・給食食材の検査の要望
・ウィンタースクールの見直し
・学校等公共の場における測定と除染

これらの取り組みについて、みなさんに報告をするとともに、
今、不安に感じていることを教えて頂き、みなさんで共有し、
今後の活動の方向性を考えたいと思っています。

江戸川こども守る会に入っていない方も、ぜひご参加ください。
特にウィンタースクールで福島に宿泊する小学校の保護者の方、お待ちしております。

学校のお母さん・お父さん同士ではなかなか話ができないという方、
 先生に話をしてみても何も対応してくれないという方、
  このまま低線量被曝を受け続けることに不安を感じている方、
ぜひ繋がっていきましょう。

みなさんの胸に秘めた思い、そして、これからどう声を上げていけばよいのか、
ひとりでも多くの方のお話を伺いたいと思います。

なお、ご参加いただいた方に、当会への入会を強制するものではありません。どうぞご安心くださいね。

日時 1月29日(日)9時30分~13時
場所 コミュニティプラザ一之江 第4会議室
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsuguide/bunya/bunkachiiki/c_plaza_ichinoe/guide/index.html

★★ご参加いただける方は edogawa.kmk@gmail.com までご連絡下さい★★

 

【第4回お話会のお誘い】終了いたしました。

 

 12月13日(火曜日) 船堀タワー 和室1  9:30〜12:00 

 

参加費 お菓子付き 大人700円 こども300円(お菓子の必要な時のみ) 

    飲み物は各自持参 

 

情報交換はもちろん、不安な事や愚痴も話して息抜きしてみませんか。

今回はこどもの年齢別、地域別などに分かれ2,3回席替えをしながらお話しする予定です。

 

*参加ご希望の方が定員30名に達しましたので締め切りとさせて頂きます。

 

11月23日(祝)「放射能問題:自分で考えられるようになるための、基礎知識講座」終了いたしました。

 

「放射能問題:自分で考えられるようになる為の基礎知識講座」
 
・11月23日(祝)  9時〜11時半
・コミュニティプラザ一之江 第一会議室  (定員30名)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsuguide/bunya/bunkachiiki/c_plaza_ichinoe/index.html
 
・参加対象者:原則として江戸川こども守る会の方。
 
・参加費:100~200円(会場費、資料代)
・進め方:40分(お勉強)+10分(休憩)+40分(お勉強)+10分(休憩)
・講師    : 高校物理教員免許をお持ちのママ。大学での講義経験有り。

ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。 
ご感想、ご意見、ご要望がございましたら、
までお寄せ下さい。
 
 
<<講師ママよりメッセージ>>
中学理科程度の知識を前提に高校物理までの範囲内での
放射能に関する 基礎知識を復習・お勉強する会です。
そのほか、誤差の話、ガイガーカウンタ、シンチレーションカウンタの検出の原理など、
 みなさんの知りたいことを踏まえつつ説明します。
みなさんがお持ちの様々な疑問を、共有する良い機会になればと思います。
初めての試みなので、どこまでご期待・ご希望にそえるかわかりませんが、
精一杯準備させていただきますので、どうぞ温かい目でよろしくお願い致します。

 

 

◎10/30(日)『第二回 区との相互理解を目指すミーティング 』終了いたしました。

『第二回 区との相互理解を目指すミーティング 』を下記の日程で開催致しました。

 

 10/30(日)9:30~12:00  篠崎コミュニティー会館 集会室第一 

(前回とは別の場所になりますのでご注意ください)

 

参加者14名で

 

・10/18の環境推進課との面談の報告

・今後の体制

 

などについて話し合いました。

 

● 10月28日(金)「ゆる~いお話会」終了いたしました。

「ゆる~いお話会」を下記の日程て開催致しました。

 

10/28(金)9時半から12時 船堀タワー和室(出入り自由)

 

参加費 700円。

 

参加者 23名+こどもさん多数

 

給食・外遊び・食品の安全性などの話題で大変盛りあがり

あっという間の2時間半でした。

 

お越しいただいた皆さま、有難うございました。

 

ご感想・ご意見等ありましたら

 

edogawakmk@gmail.com 

 

まで宜しくお願い致します。

 

 

◎10/15(土)『 区政との相互理解を目指すミーティング 』(終了しました)

10/15(土)9時~11時 篠崎文化プラザ第二会議室

   『 区政との相互理解を目指すミーティング 』

 

<目的> 江戸川区環境推進課との相互理解を深め今後の測定・除染の協働の可能性を探る。

<内容> 環境推進課との初回ミーティングについて 1.~4.を議論。

       1.江戸川こども守る会とは何か?

       2.これまでの、守る会、または個人の活動のまとめ

       3.推進課との話し合いに出席する人を決定

       4.今後の目標設定

 

ところで、このミーティングを開くに至った経緯ですが・・・

先日東部フレンドホールに10名が集まり、

測定、除染に関する意見交換会を行いました。

その際、

「保育園や幼稚園で除染モデルを作るために、

アイソトープ関連の講師を呼び測定と除染の指導をしてもらってはどうか?

その測定値に関しては、江戸川区が認めるものを目指す。」

という意見がありました。

 

これを受け、先ずは江戸川区の測定値に関して環境推進課へ確認するという事になり

先週、区役所へ出向きお話をして参りました。

当初の予定では、測定条件の確認をする事が目的でした。

しかし、環境推進課の方と話している内に、

もっとお互いの活動、取り組みについて理解するべきだと思いました。

 

そこで、

「是非とも私たちの集まりに参加して

江戸川区の測定に関する現状や取り組みについて話して下さい。

この様な状況では区民だけ、行政だけでは限界がある。

一緒に出来る事を探して協力していきたい。」

とお話しました。

 

これに対し、18日(火)に環境推進課 係長2名、危機管理室 係長1名が出席し

区役所内で、こちらのお話を聴いて下さる事になった次第です。

今後の動向に関してはまだ分かりませんが、

これをきっかけに、少しでも区民の取り組みが区政に反映され

現在の状況に共に立ち向かうきっかけとなればと考えています。

 

 

 

 

● 9月3日(土)ガイガーカウンター二次校正と江戸川区の土壌分析結果を含めた勉強会 (終了しました)

講師:東京大学総合病院文化研究科広域科学専攻環境分析化学研究室 小豆川 勝見先生

 

江戸川区の土壌分析検査を実施していただきました小豆川先生をお招きし、検査結果を踏まえた勉強会を開催します。校正済みの放射線測定器を使用した二次校正も同時に行ないますので、ガイガーカウンターをお持ちの方はご持参下さい。

 

日時:  201193日(土) 13301530

場所: 船堀 勤労福祉会館  和室1、2 (江戸川区船堀4丁目25号)

定員: 40

会費: 会館使用料を参加者で負担

 

 

 

■ 第二回会合 (終了しました)

 

6月24日(金)午前中に船堀にて開催しました。 

 

 ..............................................................................................

■ 第一回おはなし会(終了しました)

 

・日時  2011年7月4日(月)  9時30分~12時

・場所  船堀タワーホール和室1

 

 母親を中心に約20名が参加。

.............................................................................................